親知らずのリスク

ブラシ

親知らずはなぜ悪い影響を与えてしまうのか

歯科に行って親知らずを抜いたことがあるという人も少なくないと思います。そのため親知らずというと何か悪いイメージを持っている人も多いのではないかと思います。しかしなぜ親知らずは多くの人にとって悪い影響を与えてしまうのでしょうか。 それは食生活の変化にあるといわれています。大昔の人たちは食品を加工して食べることがほとんどありませんでした。しかし近代の人間は食べやすいように加工した食品を摂るようになりました。その背景があり顎が退化してしまったのです。ですが顎が退化してしまったからといって歯の本数が変わるわけではなかったのです。そのため小さくなった顎に親知らずが生えてくるとそのスペースがないため、きれいに生えることが出来なくなってしまいました。それがトラブルのもとになってしまったのです。

親知らずの抜糸の痛みを最小限に抑える工夫をしている歯科もあります

歯科医院で親知らずを抜いてとても痛い思いをした人は少なくないかもしれません。しかし歯科医院の中には痛みを最小限に抑える工夫をしているところもあるようです。 抜歯するときは麻酔をかけますがその注射が痛いという人もいます。歯科医院の中には注射する前に表面麻酔をかけて針が刺さるときの痛みを抑えているところもあります。また針を刺した後に薬が入ることで痛みを感じる人もいるようです。人の手で麻酔をかけると薬液の入るスピードが一定でないために痛みがおこるそうです。これを改善するために電動麻酔器を用いる歯科医院もあります。また一番細い注射針を採用しているところもあります。 このように痛みを抑える工夫をすることで患者に安心感を与える歯科医院もあるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加