見た目を良くできる

セット

う蝕治療は工夫を施すべきか

う蝕治療、すなわち虫歯治療は虫歯の部分を削り、インレーやレジンと呼ばれる詰め物を詰めることによって治療終了となります。その詰め物にはいくつもの種類があるため、ライフスタイルに合わせて変える必要もあるかもしれません。 インレーやレジンには、保険適用の治療法と保険適用外の治療法が存在します。大きな違いは費用と性能となります。保険適用の治療法は基本的に審美的には優れておらず、それなりのリスクも当然ながらあります。一方、保険適用外の治療法は審美的にも性能面でも優れているものが多い分、コストが高くなる特徴があります。 保険適用外の治療法だと整合性が高いものや審美性に優れたものが数多く存在しているので、必要であれば保険適用外の治療法も検討されてみてはいかがでしょうか。

コンポジットレジンについて

歯科治療の中でも虫歯治療というのは一般的な治療だと思います。普及率も高く、歯科医院で治療を行う場合には大半が虫歯治療目的だと思います。 この虫歯治療、実は最近ではコンポジットレジン充填と呼ばれる治療法に注目が集まっています。コンポジットレジン充填とは虫歯を削ったあとに歯科用のプラスチックを詰めることを指しています。従来までの詰め物と言えば保険インレーと呼ばれる金属が主に使用されていましたが、小さな虫歯であればコンポジットレジンが頻繁に使用されているようです。 コンポジットレジンは保険インレーよりも審美性が高く、最大限の力を引き出すことができれば非常に性能の良い治療法となります。ただし、高度な技術力を要するため、私たち患者側も治療を受ける歯科医院には十分注意が必要となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加